公益社団法人 愛媛県栄養士会

  1. HOME>
  2. 栄養士をもっと身近に>
  3. 栄養士紹介

栄養士をもっと身近に

栄養士紹介

管理栄養士・栄養士ってなに?

栄養士法により身分の確立された国の認定する資格の一つで、管理栄養士と栄養士の2種類の資格があります。その主な業務は、栄養指導です。個人あるいは集団に対して食生活の改善や栄養管理などに取り組み、人々の健康の保持、増進を目指します。

医療(病院)

病院や診療所で病気の治療・再発防止・合併症の予防を目指し、患者さんの栄養管理や栄養指導を行います。
栄養アセスメントやプランニング、モニタエリングなど、個に応じた栄養管理・食事管理が重要となってきており、医療分野でチームの一員として活動しています。

学校健康教育(学校)

幼稚園・小中学校等に勤務し、栄養管理と食教育に、また、県市町の教育委員会に勤務して指導に当たります。学校給食の管理と食に関する指導を行う、栄養教諭も増えました。

福祉

養護老人ホーム・介護保健施設等で高齢者や入所者への栄養管理、食生活指導を行います。他職種協働による栄養ケア・マネージメントにも当たります。また、乳幼児への食事の提供、栄養管理・食育も行います。

福祉

地域活動

様々な現場で経験を積んだ栄養士・管理栄養士が、地域住民の健康づくりをになう栄養行政を側面から支援しながら、地域における公衆栄養活動を展開しています。

地域活動

公衆衛生(行政)

県・保健所・市町保健センターで、地域の実情に合わせた推進計画の策定に参画し、その実現に向け、計画に沿って、健康教育・栄養相談・食環境整備などの公衆栄養活動を行っています。

勤労者支援・研究教育(集団給食管理)

事業者、寮などの産業給食施設や企業の健康管理部門などで、給食管理や栄養管理を通して、働く人を支えています。また、研究機関、大学などで、教育研究活動や管理栄養士・栄養士養成のための教育を行っています。

県民の健康づくりを推進することを第一として、各職域で、いろいろな活動を行っています。

活躍する栄養士

勤労者支援事業部人との出会いが成長につながっています

勤労者支援事業部

勤労者支援事業部 桧田 千裕
株式会社ヘルシープラネット勤務

私は(株)ヘルシープラネットで、特定保健指導を中心に健康づくりに関する業務を行っています。特定保健指導は、改善の意欲がないところからのスタートがほとんどなので大変な事もありますが、6ヵ月後に結果が出て、サポートのおかげで頑張れたという声を頂けたときはとても嬉しくやりがいを感じます。写真のように、会社を訪問して健康に関するセミナーを行うこともあります。健康づくりは難しくなく、楽しそうだと思ってもらうことを心がけています。多くの人と出会える仕事なので楽しく、人との出会いが自分の成長にもつながると感じています。

公衆衛生事業部行政栄養士とは

公衆衛生事業部

行政栄養士とは、県、市町(保健所や保健センター等)において、地域住民の健康を考え栄養指導や保健事業を行っている栄養士です。
行政栄養士の中でも市・町の栄養士は住民の栄養改善業務全般を担っています。市町の状況を把握し、健康増進計画や食育推進計画に基づいた健康づくりを推進しています。
妊婦教室、乳幼児健診や相談、住民検診時の相談、生活習慣予防教室などの開催や食育の推進事業などを行っています。
また、食生活改善推進員(食育を推進するボランティア)の養成を行っています。

学校健康教育事業部学校関係に勤務する栄養教諭の仕事を紹介します。

学校健康教育事業部

西条市立西条南中学校 栄養教諭 森川 恵都子

栄養教諭の主な職務内容は、「学校給食の管理」と子どもたちに対する「食に関する指導」です。学校給食の管理では、献立作成や調理場内の衛生管理を行います。そして、給食を「生きた教材」として効果的に活用し、各教科や特別活動において、学級担任と連携し食に関する指導を実施します。また、学校内での食に関する指導の連絡・調整も密に行います。その他、必要に応じて肥満傾向や過度の痩身、偏食傾向の児童生徒等や食物アレルギーを持つ児童生徒等への個別指導を実施するなど、栄養教諭の職務は多岐に渡ります。

福祉事業部福祉施設における栄養士の仕事

福祉事業部

主な仕事内容は、献立作成、食材の発注、厨房内の衛生管理、利用者個々の状態に応じた献立の作成、栄養相談、各種行事の参加等です。
施設利用者の中には加齢により、様々な疾患を抱えていたり、食事を摂る能力自体が衰えてきていることも多くあります。そのため、エネルギー制限食や、病態に合わせた治療食、刻み食・ミキサー食といった食べる能力に合わせた食事、その他アレルギー対応食といった多くの献立を立てる必要があります。
栄養管理も大切ですが、利用者にとって毎日の食事が楽しみであるという事も重要です。その兼ね合いが難しいことが現状ですが、週に1、2回昼食時に行う選択食や、月1回の献立会議にて、リクエストメニューを挙げて頂く等、日々の食事が楽しめるように努めています。

医療事業部病院で働く管理栄養士:ある日の仕事を紹介します。

医療事業部

8時半仕事開始、病棟へ上がります。NST(栄養サポートチーム)回診の患者を確認し、昼食時には患者さんの所へ行って食べ具合をみます。午後からは栄養士でミーティングを行い、その後NST回診へ。その内容は毎回主治医へ報告・提案を行っています。
病院栄養士は患者さんの上腕を測って栄養の状態を確認したり、食事については一般食の他にも高齢者に対応できる食事の検討も行っています。
患者さんの食事や栄養について考えるには、多職種(医師・看護師・その他)との関わりや情報のやり取りを行うことが一番大切な事だと感じます。

地域活動事業部

地域活動事業部

佐藤 絢

松山市で国民健康栄養調査や特定保健指導など地域で栄養士として仕事をさせていただいています。
神奈川から主人の仕事の関係で三年前に引っ越してきました。知らない土地で暮らすことになり、どうしたらこの土地を知ることができるのかと考えていた時、今の仕事に出会い、地域の皆さんに接し、その土地の食文化・食習慣を知ることができました。
学んだことを活かし、地域の皆さんが健康な毎日を過ごせるよう「食」からお手伝いができればと考えています。

医療事業部

医療事業部

市立宇和島病院 食養科 赤松 貴代

病院での主な栄養士業務は、入院・外来患者の栄養食事指導、食欲不振患者の栄養相談、栄養管理計画書による栄養状態の把握と再評価、カンファレンス(外科、泌尿器科、血液内科など)への参加です。その他として、各種教室(糖尿病、心臓病、肝臓病、やわらか食など)も実施しています。
急性期病院における栄養管理は、刻々と変化する病態に合わせた食事変更が必要となり、多職種(医師、看護師、薬剤師、リハビリスタッフなど)で情報共有をすることで早期退院に繋げています。

研究教育事業部「食」の大切さを伝えたい

研究教育事業部

愛媛大学教育・学生支援機構 
講師 垣原登志子

私の専門分野は食環境です。現在大学で食に関する授業を担当しています。また共通教育で、新入生1,800人に対し授業を実施しています。
 大学の仕事には教育と研究という2つの柱があります。教育分野では学生に学ぶ楽しさ、考える力、伝える力を身につけてほしいと考え指導をしています。テーマを見つけ、何が問題かを把握し一緒に学んでいます。研究を行う上では常に疑問を持ち、研究成果を文書にし、人に伝えることを心がけています。研究をするには長時間の実験や調査が伴いますので、体力・気力が必要です。この仕事はすぐに結果がでる仕事ではなく、地味な仕事ですが、やりがいのある仕事だと思っています。

仕事紹介

仕事紹介

朝倉小学校 越智 和歌子

栄養教諭の職務内容は、「給食管理」と「食に関する指導」です。給食管理は、献立作成・発注や、調理場における衛生管理を行います。食に関する指導は、各教科の授業や給食時間における指導、児童生徒の実態に応じた個別指導を行います。また学校行事や部活動などに参加することもあります。学校の教育活動に多様な面から関わることも、児童生徒理解へとつながり、よい経験となります。栄養教諭は、学校における食のコーディネーターとしての役割をもつ責任ある仕事です。